SANYO DENKI(山洋電気) JAPAN

プロダクトニュース

リチウムイオン電池搭載
ハイブリッド方式UPS「SANUPS E11B-Li」,
常時インバータ給電方式UPS「SANUPS A11M-Li」を発売

2020年12月15日

山洋電気株式会社は,リチウムイオン電池を搭載したハイブリッド方式のUPS「SANUPS E11B-Li」と,並列冗長構成の常時インバータ給電方式UPS「SANUPS A11M-Li」を開発・発売しました。
同等仕様のUPSでリチウムイオン電池の搭載は,業界初※1です。

SANUPS E11B-Li

SANUPS E11B-Li

SANUPS A11M-Li

SANUPS A11M-Li

特長

1. 長寿命

リチウムイオン電池を採用。鉛蓄電池を搭載した当社従来品※2と比べて,バッテリの期待寿命が約2倍となりました。
バッテリ交換が10年間不要※3となり,メンテナンスの手間と費用が削減できます。

2. 高品質な給電と省エネルギーの両立

「SANUPS E11B-Li」は給電方式にハイブリッド方式※4を採用。
最適な給電モードをUPSが自動選択するため,省エネルギーを実現しながら,高品質な電力を安定的に供給します。

3. 高い信頼性

「SANUPS A11M-Li」は,1 kVAのUPSユニットを組み合わせることで,出力容量を最大8 kVAまで拡張できます。1台を予備ユニットとして使用することで並列冗長を構成でき,信頼性の高い電力を安定的に供給します。

4. 幅広い使用温度範囲

使用温度範囲は-10~+55℃です。
温度変化が大きい環境への設置など,設置場所の自由度が広がります。

※1 2020年12月15日現在。無停電電源装置で同等の給電方式,電圧,容量,バックアップ時間の場合。当社調べ。

※2 当社従来品型名:E11B(鉛蓄電池タイプ),A11M(鉛蓄電池タイプ)

※3 周囲温度30℃,停電10回/年の場合。

※4 入力電源の状況を判定しながら,常時インバータ給電方式と常時商用給電方式を切り替える方式。

仕様

項目 仕様
運転方式 ハイブリッド方式 常時インバータ給電方式
型式 E11BL102 E11BL152 E11BL202 A11ML102
定格出力容量 1 kVA 1.5 kVA※1 2 kVA 2~8 kVA
(並列冗長構成時:1~7 kVA)
交流
入力  
電圧変動範囲 100 Vモデル:55~150 V
200 Vモデル:110~300 V
相数線数 単相2線
周波数変動範囲 40~120 Hz
交流
出力
定格電圧 100 Vモデル:100 / 110 / 115 / 120 V
200 Vモデル:200 / 208 / 220 / 230 / 240 V
電圧精度 定格電圧±2%以内 定格電圧±5%以内
負荷力率 0.8(遅れ)
バックアップ時間※2 4分
使用環境 周囲温度:-10~+55℃,相対湿度:10~90%(結露なきこと)

※1 出力容量1.5 kVAは100 Vモデルのみ。

※2 周囲温度25℃,初期値,負荷力率0.8の場合。

用途

サーバ,通信機器,医療機器,工場内の設備など

発売予定日

2021年2月1日

価格

オープンプライス

リリースに記載されている内容はすべて,2020年12月15日現在の実績です。
「SANUPS」は山洋電気株式会社の登録商標です。