SANYO DENKI(山洋電気) JAPAN

プロダクトニュース

高速フィールドバスEtherCATインタフェース,高速処理CPU搭載の
モーションコントローラ「SANMOTION C」を開発

2016年 6月 1日

山洋電気株式会社は,モーションコントローラ「SANMOTION C」に,高速フィールドバス※1 EtherCATインタフェースを搭載し,CPUの処理能力を高めたモデルを開発しました。
ロボット,搬送装置,半導体製造装置,一般産業機器に最適です。

SANMOTION C

特長

1. 業界トップのロボット制御数

1台のコントローラで,2台の6軸多関節ロボットを制御できます。
当社従来品※2に比べ,処理能力は約2倍です。

2. 高速フィールドバスEtherCATインタフェース搭載

100Mbpsの高速かつ信頼性の高い通信ができるフィールドバス※1により,
当社従来品※2に比べ,通信が高速になり※3,より精度の高い制御を実現しました。

※1 装置とコントローラ間の信号のやり取りを,デジタル通信を用いておこなう規格のこと。

※2 当社従来品:コントローラ 「SANMOTION C」 型番CP242‐A。

※3 モータの数が32軸の場合,通信周期は1ms。

仕様

型番 SMC263X SMC265X
CPUクロック 1.6GHz 1.8GHz
メモリ RAM 1GB
SRAM 1MB
インタフェース EtherCAT (100Mbps)
CAN (125Kbps~1Mbps)
Ethernet (10/100Mbps)
外形寸法 高さ120mm×幅270mm×奥行100mm
質量 1335g

用途

ロボット,搬送装置,半導体製造装置,一般産業機器など

発売日

2016年6月15日

カタログデータ

日本語 [2.68MB]

English [2.78MB]

価格

オープンプライス

リリースに記載されている内容はすべて,2016年6月1日現在の実績です。
「SANMOTION」は山洋電気株式会社の登録商標です。