SANYO DENKI(山洋電気) JAPAN

健康経営の推進

山洋電気グループ 健康経営宣言

私たち山洋電気グループは、グループ一体となり、社員が心身の健康を維持・増進できる職場づくりと健康促進活動に取り組みます。
また、創業以来、長年培ってきた技術と製品によって、山洋電気グループに関わるみなさまの健康づくりに役立てるよう、社会に貢献してまいります。

山洋電気株式会社
代表取締役会長
健康経営委員会委員長
山本 茂生

当社グループは、「私たち山洋電気グループは、すべての人々の幸せをめざし、人々とともに夢を実現します。」という企業理念のもと、社員一人ひとりが、仕事や会社生活を通じて、自己実現を図れる会社であることを目指しています。
この「山洋電気グループ 健康経営宣言」は、社員が生き生きと働き、それぞれの能力を最大限に発揮することこそが、当社グループの中長期的な成長と社会貢献に繋がるという考えのもと、グループ全体で健康経営に取り組むことを宣言するものです。

健康経営優良法人(大規模法人部門)に認定

健康経営優良法人

経済産業省と日本健康会議が主催する健康経営優良法人認定制度において、健康経営に取り組む優良な企業として、 当社が「健康経営優良法人2022(大規模法人部門)」に認定されました。

※健康経営優良法人認定制度
地域の健康課題に即した取り組みや日本健康会議が進める健康増進の取り組みをもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度。

健康経営推進体制

代表取締役会長を健康経営委員会の委員長とし、健康経営委員会メンバーが中心となって、社員が心身の健康維持・増進できるよう、当社グループの健康経営に取り組んでまいります。

健康経営推進体制図
健康課題に基づいた具体的目標

当社グループでは、「山洋電気グループ 健康経営宣言」に基づき、以下の目標に取り組んでまいります。

働きやすい職場づくり ~健康リスクの高い職場をゼロに~

ストレスチェックの定期的な実施や結果のフィードバックをおこない、健康リスクの高い職場には、保健師のサポートによる職場改善活動をおこなうなど、健康リスクの低減に努めます。

有所見改善率 前年比100%

健康診断において有所見が見られた社員に対しては、保健指導や受診勧奨をおこない、健康増進を図ります。また、社員食堂では健康増進メニューを提供するなど、食生活の改善もサポートしていきます。

運動習慣の改善率 前年比100%

運動意識アンケートやウォーキングイベントなどを実施し、社員の運動機会の増進と習慣化を促します。

健康データ
項目2020年度
ストレスチェック受検率93.4%
高ストレス者割合12.6%
健康リスクが低い職場92.5%
健康診断受診率99.7%
有所見率65.6%
問診表(健康診断)の回答喫煙率26.2%
運動習慣者比率13.0%
ウォーキングイベント参加者(参加率)240名(10.1%)
参加者平均1日の歩数8017歩

※運動習慣者比率:1週間に1回あたり30分以上運動を実施している人の割合

※健康リスク:「仕事の負担」・「仕事のコントロール度」・「上司のサポート」など、ストレスチェックの項目から算出される、職場における健康問題が発生するリスク