JAPAN
Global Site
簡体字
繁体字

トップメッセージ

山洋電気が目指していること

山本社長

山洋電気が目指していることは,「企業理念」にあるとおりです。

一読しただけでは,「とおり一遍」のように思えるかもしれませんが,どのようなことを目指しているのかを,深く考えて欲しいのです。

社会に対する企業の存在意義と,その企業の中にいる私たちが,いつも目標とすることを表しています。そして,この企業理念は,山洋電気の社員の総意で作られたものです。

私たちのこの思いに共感できる人であれば,どなたでも,私たちの仲間になる資格があります。どうか,よくお読みになり,深く考えてください。

山洋電気の製品が目指していること

山洋電気の製品が目指していること

山洋電気の製品は,人々の幸せに役立つものでなければなりません。
お客さまが製造する装置(たとえばロボットやコンピュータ)に,山洋電気の製品を組み込むことでお客さまのビジネスの成功に役立ったり, お客さまの企業設備や公共設備に,山洋電気の製品が使われることによって,よりよい効果が発揮できなければなりません。

つまり,山洋電気の製品は, それを利用するお客さまや社会に役立つことが,第一の使命です。
お客さまや社会が目指していることの本質を把握して,その目的を達成するために最善の手段になるような製品を開発することによって, お客さまや社会に貢献しています。

そして,それを実現するために「地球環境を守るための技術」,「人の健康と安全を守るための技術」,「新しいエネルギーの活用と省エネルギーのための技術」の3つの技術テーマをベースに,新技術・新製品の開発に取り組んでいます。

社員に期待すること

これも,企業理念の中にありますとおり,「社員に対しては,仕事や会社生活を通じて,社員が自己実現を図れる会社とする」ということです。

人生の中でかなり多くの時間を費やす会社生活で,ただ仕事の対価としての報酬を得るというだけでは,貴重な人生がもったいないと思いませんか。そこで,山洋電気は,社員のみなさんが会社という世界の中で自己実現を図っていただきたいと,願っているのです。

自己実現というのは,自分自身の成長によって「やりたいことができる」「できなかったことができるようになる」ことで,人間のさまざまな欲望の中で最も高度なものとされています。

山洋電気は,社員の能力の発揮や成長,すなわち自己の実現を最も大事にし,そのためのバックアップを惜しみません。

国際化

国際化

山洋電気の日本国内の営業拠点としては, 本社をはじめとして,北は札幌から南は福岡まで全国各地の支店があります。海外では,アメリカ,フランス,ドイツ,ポーランド,シンガポール,タイ,インド,韓国,台湾,香港,中国の上海,深圳,北京,成都,天津に営業拠点があります。

日本国内の生産拠点は長野県上田市に集約されています。
海外の生産は,フィリピンのスービック,中国の中山の工場で行っています。

また,資材の調達も,日本の生産拠点だけでなく,海外の営業拠点や生産拠点を通じて行っています。

営業拠点や生産拠点の国際化は,世界中のお客さまへのサポートに大きな価値のあるものです。
海外の営業拠点や生産拠点では,現地の社員と日本から出向している社員が協力しあって,すばらしいチームワークで大きな成果を挙げています。
当然のことながら,世界中の山洋電気グループも,山洋電気と同じ企業理念,同じ経営方針を目指しています。

職場環境

当社は,国籍,人種,出身,性別,年齢,宗教,学歴,信条,個人的嗜好などによっては,
何らの差別も区別もなく,全ての社員が公平な立場です。

昇格,昇給,昇進などのいかなる場合においても,社員の公平は維持されています。

結婚,出産,育児にあたっては,産前産後休暇,育児休暇の制度が充実していて,
復帰後も短時間勤務の制度があり,復帰後の業務がしやすくなっています。
結婚や出産によって退職する社員は,ほとんどいません。

当社には「自己申告制度」があり,挑戦したい仕事や勤務場所について,
希望を述べることができます。希望どおりになるかどうかは保証できませんが,
人事異動の際に考慮します。世界中で活躍するチャンスは,誰にでもあります。

当社には,「企業行動規範」という重要な規則があって,会社がよい行動を目指すとともに,
社員もよい行動をすることを目指しています。
法令違反などは,直ちに排除される仕組みができあがっています。
パワハラ,セクハラとは無縁です。

おわりにちょっとした自慢

あまり宣伝していませんが,現在の山洋電気の製品はどれも,世界ナンバーワンのものばかりです。
性能はもちろん,品質も,信頼性も,世界ナンバーワンです。

しかも,標準品だけを販売するような営業ではなく,個々のお客さまの用途に最適なカスタマイズが特に得意です。ですから,営業のスタイルは,「とにかく売ればよい」というのではなく,お客さまの成功を目的とした提案営業です。 設計技術者も,お客さまと直接お話しをしながら,製品開発をします。
その結果,どの製品も,圧倒的に高い競争力があります。

また,人材育成と能力アップの制度が充実しています。「山洋学校」という教育システムです。

特定の財閥に属した企業ではなく,また学閥もないので,自由闊達な社風です。社員は誰でも,業務革新や新しいことへの挑戦がすぐにできます。成果があると,年に2回,部門や全社で発表をする場があり,優秀なものは表彰されます。

そして,組織変更や人材の適材配置は随時行われ,人材のキャリアアップを図りながら,いつも最適な組織体制を目指しています。
私から申しあげるのも気が引けますが,この会社の仲間に入ることは,ちょっとオススメです。